猫も食事を選びたい

エサ

意外な原材料の正体

キャットフードの原材料欄に目を向けたことはおありでしょうか。人間向けの食品と変わらないほど豊富な種類の成分が記載されており、何となく見ただけなら「ちゃんと安全に配慮して猫向けに味を良くしてくれてるんだな」と思ってしまうことでしょう。もちろん各メーカーとも安全には配慮してくれています。ですが、企業として商品を製造販売する以上、コストは可能な限り抑えたいと考えるものです。そのために何をするか・・・まず思いつくのはキャットフードの原材料を安く手に入れること、ですね。安い原材料って何なのでしょうか。主なものを上げてみましょう。肉副産物(Meat-by-product)、4D-meat(ミール、と記載される場合も)などの記載があれば、これは家畜として処理された動物の肉の、いわゆる残った部分のことです。人間向けには販売できないので廃棄される部位なのですが、キャットフードなどの動物向けに利用されることがあります。このほか、植物系由来のものとして、ヒートバルブ、大豆、大麦、小麦、オート麦、ライ麦、とうもろこしも安価な材料として使われる場合があります。大豆や麦なら十分安全なように思えますが、これまた人が食用とする基準から漏れた、少し安全基準の甘いものが含まれていたりします。人の食用として使えないから、安価に入手することが可能なのです。それでもタンパク質や栄養はあるわけなので、キャットフードのみならず、他の動物の餌としても利用されることがあります。これらが含まれるから即ち危険ということはありません。しかし、少しでも高品質な餌を愛猫に与えたいと思うのであれば、これらの表示にも気を配り、メーカーのホームページなどをチェックして、こうした材料を利用していないことを宣言している銘柄を選ぶことも必要となるでしょう。

Copyright© 2018 小さな家族の健康を守るために|キャットフード選びのポイントを確認 All Rights Reserved.