女性と猫

大切な家族のために

大切で大好きな猫ちゃんのためだからこそ、おいしくて安全なキャットフードを選びたいというのは、飼い主なら当然の気持ちです。成分の比較サイトや雑誌を参考にしたり、オーガニックな素材を使っている選ぶなど、安全性の高いフード選びにはこうした視点が必要でしょう。

餌

愛猫のためにできること

安全な原材料にこだわったキャットフードには様々な種類があります。猫ちゃんの年齢や体格、体質、アレルギーの有無によって選ぶべきキャットフードは変わってきます。じっくり比較して猫ちゃんに合ったものを選びましょう。

猫

大切なペットの食事

初めての猫のお世話は大変です。ですが猫にも好き嫌いがあります。さらには種類や年齢、毛並みなどを考慮して飼い主が安全なキャットフードを選んであげなくてはなりません。大切な猫ちゃんの為に時間を惜しまず一緒に探してあげましょう。

ネコ

飼い猫の健康維持のために

キャットフードには多数の添加物が使われています。人間が食べるものに比べると安全性に対する意識が若干低い場合があり、長期間飼い猫に与えても健康に影響がないのか判断が難しいものもあります。一番確実なのは、購入前に原材料を確認し、不安のある添加物が含まれていない商品を選ぶことでしょう。
エサ

猫も食事を選びたい

キャットフードの製造費用を抑えるため、動物由来、植物由来の安価な材料が使われることがあります。これらは安価な商品ではありますが、安全性のより高い食事を猫に与えたいと考えるなら、各記載成分が何に由来するものかを知り、メーカーのポリシーも確認して銘柄を選ぶのが良いでしょう。

少し高くても良いフードを

ネコ

猫ちゃんが大好きなフード

食事の好き嫌いや味の好みは人間なら誰にでもあるものです。ペットには味覚がないという説もありますが、味や好きなニオイなどがあるように感じている飼い主は少なくないでしょう。特に猫はグルメな動物ともいわれており、キャットフードの選り好みをする猫も珍しくないものです。多様化が進むキャットフードですが、平均的な相場は1kgあたり1,000円〜3,000円ほどといえるでしょう。高価なものは5,000円〜10,000円前後に及ぶこともありますが、その分質が高く健康にも良いという声も多く聞かれます。値段が高級なキャットフードの場合、猫への安全性を考え、保存料や着色料、調整剤などを使用していないフードが多いといえるでしょう。これらの添加物を使用しないということは、それだけ使用する原材料や製造方法が限定されるということでもあり、そのぶんキャットフードの値段が高くなると考えられています。さらに、安全性を高めるために、研究機関での成分調査や厳しい検査を何度も行っているケースもよくあることです。安全に配慮した結果、値段が高くなってしまうものの、健康や猫ちゃんのQOLを考えれば当然とも言えるでしょう。しかし、いきなり高級フードを購入するのは貯められると思ってしまうのも当然です。そうした場合は、お試し用のミニパックや、試供品などを利用して猫ちゃんがフードを好むかどうかを見てみるのも良いかもしれません。キャットフードの安全性はもちろん、飼い主も無理なく購入できるエサを選ぶことが大切です。

Copyright© 2018 小さな家族の健康を守るために|キャットフード選びのポイントを確認 All Rights Reserved.